カミソリの扱い

前回は、除毛クリームをおすすめしましたが、
それでも、カミソリは身近でいざという時もコンビニなどで買え重宝しますよね。

その身近なカミソリですが、簡単だと思い込んで、間違った使い方や保管法など
それらが原因で肌に負担を与えてるかもです。
今回は、カミソリの扱い方や保管方法について書いてみます。

剃る前の準備
カミソリでいきなり毛を剃るのではなく、剃る前にやらなければならない準備があります。
温める
肌に負担をかけることなくスムーズに剃れるように毛を温めておきます。
お風呂のお湯で温めたり、蒸しタオルを当てるなど毛を柔らかくします。

クリームを塗る
剃りやすくするためにシェービングクリームを塗ります。
摩擦を少なくして滑らかに剃れるようにします。

剃る
クリームを塗ったらカミソリを当てて剃ります。
この時に気を付けたい事は、一度で剃る事です。
同じ所を何度も剃ると肌表面の角質を削り取るだけでなく、
色素沈着になる恐れがあるからです。
剃る方向は、毛の生えてる向きと同じにします。
逆になる逆剃りは毛穴の開きの原因になります。

仕上げ
剃り終わったら残ったクリームを綺麗に拭き取ります。
そして最後に化粧水やクリーム、ジェルなどで保湿して仕上げます。

剃った部分は敏感になってので肌にやさしいもので、
色素沈着や黒ずみ予防のため美白効果のあるものや抑毛効果のあるものがいいですね。

カミソリについて
カミソリは毎回新しい物を使うのがベストですが、それではもったいないですね。
使ったカミソリは、綺麗に洗って風通しのいい場所に保管しましょう。
お風呂場や洗面台など湿気の多い場所では、刃に雑菌が繁殖し衛生的ではありません。
また、サビの原因にもなります。


いつも気軽に使ってるカミソリですが、意外と気をつけなければならない事がありますね。
慣れから雑に扱ってると、肌を傷める原因につながる事もあります。
普段から、丁寧に扱いたいですね。

 

「銀座カラーネット予約|脱毛の効果口コミ」

 

ワキを綺麗に処理

ワキ毛を剃ると一瞬で綺麗になるから便利だけど、
やっぱり、肌のヒリヒリ、かゆみ、肌荒れ、黒ずみが気になりますね。
もっと綺麗にしかも後でお肌も綺麗になるような物は?

個人的にカミソリの次におすすめな方法は、除毛クリームです。

塗って拭き取るだけの簡単なムダ毛処理。
肌も綺麗でつるつるになるから2つのうれしい。があります。

使い方はとても簡単です。
クリームを毛の生えてる部分に塗って、決めれた時間放置する。
その後クリームをきれいに拭き取る。

拭き取った後は、白くつるつるな肌に感動してしまいます。^^
毛穴も目立ちませんし、カミソリのようにチクチクもしません。
それと、次に毛が生えてくるまでの期間が長いのもおすすめな理由のひとつです。

あまりの綺麗さに、思わず人に見せたくなるくらいです。

でも、これにもちょっとしたコツというか、綺麗に仕上げるためのポイントがあります。
ひとつは、クリームをケチらないでたっぷり使う事。
少ない量ではクリームがムラになってしまい効果が出にくくなります。

もうひとつは、放置する時にクリームを塗った部分にラップで包むことです。
ラップで包むことでクリームの成分が浸透しやすくなります。

この2つのポイントを抑えながらムダ毛を処理して綺麗な肌を目指しましょう。

ワキの処理

こんにちは。

みなさんはワキ毛処理、どうしてますか?
カミソリ、電動シェーバー、除毛クリーム、ワックスなど
いろいろな方法がありますが、一番多く使わてるのはカミソリではないでしょうか。

でもカミソリが原因のダメージが多いのも事実です。
一番多く使われてるから当然ですよね。

カミソリ負けでヒリヒリいたり、乾いてから肌がカサカサしてかゆくなったり。
見た目の場合は、赤く腫れたり、毛穴が黒く目立ったリ、
処理した部分が黒ずんで見える色素沈着。
ワキの悩みは毛だけで終わりません。

肌を見せない服装だからといって処理をサボって、
冬だから油断してるとワキ毛を見られてしまいますよ。

肌に負担をかけないような処理が大切ですね、
その方法は、カミソリで同じ部分を何度も剃らない事です。
カミソリの刃は、毛だけでなく肌表面の角質まで削ってしまいます。
なので、一度で剃り落とすようにしましょう。
剃る時は、毛の生えてる向きと同じように剃る事です。
毛に逆らって剃る、逆剃りは、仕上がりは綺麗になるけど、それも削りすぎで
毛穴の目立つ原因になります。